デリケートゾーンが黒ずんでしまう主な原因は?

MENU

デリケートゾーンが黒ずんでしまう主な原因は?

デリケートゾーンが黒ずむ原因

デリケートゾーンが黒ずんでしまう主な原因は?

デリケートゾーンが黒ずんでしまう主な原因は、メラニン色素の沈着です。
メラニン細胞が出す色素により、肌が黒ずんで見えてしまうのです。
この細胞は刺激から肌を保護する際に色素を出したり、プロゲストロンと呼ばれるホルモンの働きによって活動が活発化したりするのです。
その為、肌に何らかの刺激を受けたり、ホルモンバランスが乱れることなどによって、黒ずみの原因となってしまうのです。
デリケートゾーンはメラニン細胞の働きが活発な場所なので、特に黒ずみが気になってしまいがちです。
黒ずみを改善するには、色素沈着を起こさないようにすることが大切です。

 

色素沈着を起こさないようにするには?

色素沈着を防ぐためには、まず色素が出るような刺激を避けることが重要です。
通気性が良いサイズの合った肌着を選び、締め付けや蒸れなどの刺激を起こさないようにしましょう。
そして次に正常なターンオーバーを促し、古い肌細胞を新しいものに生まれ変わらせることも大切です。
ターンオーバーとは新陳代謝のことで、これが正常に行われなくなると、剥がれ落ちるはずの色素が沈着してしまうのです。
その原因はストレスや生活習慣の乱れなどがあると言われているので、正常なターンオーバーを促すためには原因を見極め、改善していくことが大切です。