デリケートゾーンに黒ずみがある場合の脱毛について

MENU

デリケートゾーンに黒ずみがある場合の脱毛について

デリケートゾーンに黒ずみができる原因って?

デリケートゾーンに黒ずみがある場合の脱毛について

皮膚は紫外線や摩擦などの刺激を受けると皮膚を守ろうとしてメラニンを生成します。

 

メラニンを生成しすぎてしまうとその場所に定着して色素沈着を起こして黒ずんでしまうのですが、デリケートゾーンも同じ皮膚であり、特に歩く時の摩擦きつい下着や衣服を身に付けていることで自然に黒ずんでしまうことがあります。

 

ただ、ほとんどの人は黒ずんでいるのが普通なのでおかしいのではないかと不安になることはありません。
では、デリケートゾーンが黒ずんでいてもエステサロンや美容クリニックで脱毛をすることは可能なのでしょうか。

 

黒ずみがあっても脱毛できる?

一般的に、エステサロンや美容クリニックでムダ毛の処理を行う場合、フラッシュやレーザー光を照射することで火傷をしてしまう可能性があるといわれています。
体毛と同じくらいデリケートゾーンの黒ずみが濃い場合には断られるかもしれませんが、どの程度によっては脱毛施術を受けることも可能です。

 

事前に施術を受けたいサロンやクリニックで相談するのが望ましいといえます。
しかし、程度は深刻でなくてもやはり黒ずんでいることで火傷をするリスクが嫌な場合には、デリケートゾーンの美白治療を行ってから施術を受けるのが良いかもしれません。